SMC-777 (6) Lode Runner, Oh! HitBit

SMC-777/777Cでは同梱ソフト以外に、別売ソフトがゲームを中心として拡充された。特に人気があったのは「チャンピオンシップ ロードランナー」と「チョップリフター」であった。どちらも Apple II用のアメリカ Broaderband社のゲームの移植である。

 

これらが動作しているところは下記でみることができる。

 

 

 


またソニークリエイティブプロダクツの当時の人気キャラクター「うちのタマしりませんか」のゲームも同社から発売された。

「うちのタマしりませんぁ」 画面 http://coolrip.b.ribbon.to/ueno.cool.ne.jp/magicallogic/SMC777.HTM より

「うちのタマしりませんか」 画面
http://coolrip.b.ribbon.to/ueno.cool.ne.jp/magicallogic/SMC777.HTM
より

 

これらのアプリケーションソフトウェアを国内営業部門内の専門組織が集めてきて販売する体制がつくられた。その中には「フロッピーマガジン」という形式で毎月ゲームソフトなどをいれた3.5”フロッピーを販売する、という形式のものもあった。

 

月刊「Floppy Magazine」カタログ

月刊「Floppy Magazine」カタログ

 

また、解説の本もいくつか出版され、ソフトバンクから(当時はPC雑誌とPCソフト流通の会社だったので)「Oh! HitBit」という月刊誌も刊行された。

 

SMCとMSXの専門誌「Oh! HitBit」

SMCとMSXの専門誌「Oh! HitBit」

 

 

いろいろ健闘した SMC-777/777Cであったが、国内各社からシェアを奪うまでには至らず、個人向けPCはアスキー・マイクロソフトと家電メーカー各社の連合で推進するMSXに注力することになったので、SMCシリーズの家庭向けPCとしては この2機種で終わることになった。 このモデルの関係者はその後も様々なソニーのユニークなIT商品の開発に関わることになる。
一方、業務用およびアメリカ市場向けには、この後も様々なSMCで始まる型番のモデルが開発販売さられた。それについて次回から順次紹介していく。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中