NEWS(1) NWS-800

有名なソニーのワークステーション NEWSは1987年の NWS-800が最初のモデルである。 NEWSは Network Work Station の頭文字である。

newslogo

NEWSのロゴ


1985年にCDの記録フォーマットなどを開発した土井利忠常務(当時)が、厚木のMIPS事業本部などから4名のエンジニアを連れて品川の本社で「社内ベンチャー」として少数精鋭による開発を開始した.その成果が1987年に発売された NEWSである。当時社内ではICKI (イッキ)プロジェクトと呼ばれていた。これは短期間で「一気に」開発する、という意味らしいが、肥大した組織への反逆という「一揆」の意味もあったのかもしれあい。


ソニーのホームページにその経緯が書かれている。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-12.html

 

NEWSのハードウェアの元はドキュメントファイリングシステム SIOSのあたりにあると思われる。その関係者の一部が厚木から本社(品川)にうつり、実は Unix Workstation は買うより自分達で作ったほうが安い、ということを発見したことから生まれたのではないかと思う。 当時、ソフト開発用にはラックに入ったDECのスーパーミニコン VAX11/780 が使われていて、これを性能の目安に個人用のマシンを作ろうと考えて作られた。

 

初代のモデルNWS-800は Motorolaの 68020 (16MHz)がメインCPUと IO 用に2個入ったアーキテクチャが採用された。同じ 1987年にはAppleが68020を一個つかった Macintosh IIを出している。パソコンと Unix Workstationではメモリーやバス構造などが当時はまだ違ったと思うが、NEWSはパソコンのように Workstation を作るという価格のイノベーションで、SunなどのWorkstation と一桁違う値段で提供し、 「開放分散型システム」をキーワードとして売り出された。4.2BSD Unix, TCP/IP, NFS, X-Window などからなる当時のUSでのComputer Science 関係の開発環境の標準であった要素をパッケージとして日本語化して提供した。

NEW-800(SonyHistory)

初代 NEWS NWS-800 (1987)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中