NEWS (6) Diskless, BigNEWS

NEWSには様々なバリエーションがあった。基本は個人用のデスクトップUnixマシンと大容量のハードディスクやメモリーを搭載したUnixサーバーであるが、デスクトップモデルには “Diskless” というハードディスクを持たないモデルがあった。これはサーバー上のハードディスクをLAN経由でアクセスしOSの起動も含めてすべてサーバー上のディスクを使用するものである。

また、”X Terminal “というものもあった。これもハードディスクをもたないモデルであるが、OSやアプリケーションの実行もサーバー側で行い、端末側では X Windowを使った画面の描画とキーボード、マウスの処理だけをしていたものである。

NEWSに搭載されていた NFS (Network File System)や X Windowは最初から画面やストレージが LAN上のIP経由でつながる前提で設計されていたので、このような構成の製品が可能であったのである。

ただし、この時代の Ethernetは 10 Base T (10M bps)なので、ローカルにディスクやCPUを持つのと同様のパフォーマンスは得られなかったのではないだろうか。

このローカルにCPUやストレージを持たないコンピュータ、というテーマは定期的に流行したり、すたれたりするようである。  長らく「コンピュータ」を意味していた大型のメインフレームは多くの端末をサポートする TSS (Time Sharing System)であった。また、最近では、企業がセキュリティ上の理由でノートPCやタブレットにはデータを一切残さない “Thin Client” というのも使われてる。一般のPCやスマホでも、Googleなどの「クラウド」側のアプリしか使わないで、端末上ではブラウザしか動作していない、というのも最近はよくある。(このブログの作成も Google Document と WordPress.com のクラウドアプリでほとんどの作業はしている。)

 

1992年に発売された “BigNEWS”は ラップトップ型の NEWSである。 R3000 40MHz CPU (37 MIPS)なのでそれなりに高性能であったと思われる。ただし、この頃は自宅から会社やインターネットにアクセスするためにはアナログのモデムしか手段がなかったし、いわゆる “ISP”も一般的ではなかったので、自宅にNEWSを持ち帰って仕事をするのは難しかったのではないかと思う。

 

bignewsad

“BigNEWS” NWS-3150の広告 (1992年) http://katsu.watanabe.name/doc/sonynews/ より

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BigNEWS 右奥にトラックボールがある。 http://www.museum.uec.ac.jp/database/sf/sf650/s674.html より


この頃、最も高速な電話回線用のモデムは Telebit社の Trailblazer であった。同社のT2500 (1990年発売)は特殊な専用プロトコルを採用して19.2Kbpsという速度で通信できた。また、Unixが使う UUCPプロトコルに最適化したプロトコル処理などを行っていた。自宅と会社にこの高価なモデムを設置して24時間仕事をしていたエンジニアがNEWSの部隊にはいたかもしれない。

 

“BigNEWS”は残念ながら業界初の ラップトップEWSではない。この分野ではやはり東芝が1990年に SPARC Workstation のラップトップを出している。

SPARC LT AS1000

東芝の SPARC LT AS1000 (1990年) http://museum.ipsj.or.jp/computer/work/0012.html より

 

(追記: BigNEWS以前に68030 CPUのラップトップ型 NEWS NWS-1250 が1990年に発売されている。ということは上記の東芝のSPARCとほぼ同時期の発売のようである。重量 8Kgで実際にひざの上に乗せるとつらかったそうである。)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中